sixtyseventh.diary

とりとめはない

2022-05-17 19/33

今日は強い決意で家から出た。琉球展に行った。

f:id:uniR:20220517235531j:image

開催前から気になっていたし、本当に行ってよかった。私は、琉球のことを何も知らなかった。しまじまの暮らしを。

琉球処分があって、首里城が荒廃しかけたところで奔走した人々がおり、なんとか整備し続けていたり、琉球の文化を研究したりしていたところで、戦禍は襲い、私達は何も知れない。

東京国立博物館に行く道すがら、私自身は、真実を知りたいのか、何が真実か考えていたいのか、どちらなんだろうと考えていたが、いずれにしても、真実が、事実が、歴史が、埋め込まれた生活が、消失していいとは到底思えず、先の世界大戦を酷く恨むのである。そして、今も世界のいくつかで燃やされ灰になる文化を思い、胸が痛くなる。

琉球、そして沖縄や奄美の歴史はあまりにつらい。まだ詳しくは知らない。海の真ん中だった琉球王国は、日本の端に置かれ、占領され、日本に「返還」されてもなお、どうにもならない社会の軋みを受けている。本島のはずれでも、奄美でも、沖縄本島とはまた違う軋みがあるだろう。私の曾祖父にのぼっていくと、ルーツはおそらく宮古にあるので沖縄本島が沖縄、琉球だという気持ちにもならない。

せめて、私は、生涯、自分のルーツである琉球に思いを馳せるし、折に触れて知ろうとしよう、と思う。アイデンティティというにはおこがましいが。琉球の文化がなければ、私もいなかっただろう、と思う。戦争がなければいなかったのと同様に。祖父は、満州引き揚げで鹿児島にいかざるを得なかった口だ。

昼ご飯を食べ、本を読み、帰宅して荷物を持ってSアトリエへ。決して満足してはいないが、日曜日より描いていて楽しかった。先週の火曜日ほど疲れ果てていないのは、よくもわるくも。ゾーンに入る的なことがあるのだ、なにかに熱中すると。


f:id:uniR:20220518000459j:image

キャンプの気分で。とモデルさんがおっしゃっててなんか楽しい気持ちで描いた。

IQを計測して一年近く経ったように思う。結果的に、私にはよかった。私ばかり辛い気がする原因のひとつが分かったから。ちょっと手や気や脳みそを抜いても、あんまり、社会水準的には迷惑をかけなそうだなと思えて気が楽になった。IQが高いほうだと分かってよかった。どちらかというとかなりギリギリのASD傾向や、もはや薬まで出され始めたADHD傾向とどうやって生きていくかは難しく、発達障害の傾向なんて考えたこともなかったからしみじみである。ASD傾向はかなり社会で生きていくのにかせではあって、なんだろう、職場にASDっぽい人だけいたら楽なんだろうな、と思う。ムカついたらムカつくっていうし、ムカつかせてしまったら謝る機会がほしい。わからないものはわからないんだよ。

 

2022-05-16 18/33

昨日のくさくさが尾を引いて、てんで気合の入らない一日で、ついに一歩も外に出ず倒れていた。ゲームはやった。

処方箋が切れそうになったので(期限は、発行日含めて4日しかない)慌てて調剤薬局に行ったが、在庫がないので引き渡しは明日以降、とのこと。近所だから特に問題ない。持ってきてくれたら、というかポストに入れておいてくれたらいいのに。手持ちが足りず、支払いが済まなかったので、そんな願いも叶わなかった。

不注意の薬はすごく高いし、量を増やされたから医療費がかさむ。自分が発達障害だと認定されたらどうだといっても医療費は安くもならない。じゃあもう不注意のままでいいんじゃないかと思うも、生活に支障がいつ出始めてもおかしくないというか、もう出てるんだと思う。被害が出てないだけで。出てないのかな。気付いていないだけかも。電車は乗り過ごすし、いろんな書類の提出は忘れるし、予定は日時を間違えてばかりだし、いったいなにがどうなれば慌てない日々になるというのだ。

2022-05-15 17/33

朝から上野動物園へ。パンダ母子観覧を当てたのだ。毎週応募していてもなかなか当選せず、一度あたったが、家族が新型コロナウィルスに感染したため断念したりしている。パンダを十分に見たし、プレーリードッグのあかごたちも見た。

ひょんなことで、私はすごく苛立ってしまい、家族に当たってしまった。ので、この一日はほんとうにくだらない気持ちでいっぱいだった。

くだらない気持ちでいっぱいだったけれどSアトリエ(振替)に行く。くだらない気持ちのせいか、『デッサンドモード』を見た直後だったからか、モデルさんのことをぜんぜん描けず、すごく苦しいクロッキーの時間だった。こんなに細い脚を描けない。描いても描いてもその円柱の驚異に追いつけない。描き直そうとすると線が歪んで気持ちが悪い。8枚ずっと、もうだめだ描けないと思いながら描いていて辛い時間だった。繊細すぎる、その立ち姿が儚くなるのが描けない。時間が終わり、逃げるように教室を後にした。

家に帰ってからもくさくさし、くさくさしたまま寝た。こうして感情に振り回されるのは、家族も嫌だろうが私も嫌だ。スイッチみたいに悪感情を切れたらいいのに、と思う一日。

2022-05-14 16/33

スープカレーを食べる。前日に飲みすぎたせいか、いまいち体がふるわない。

夕方、夫と娘がハレテラスにいくというのでついていった。浅草松屋の屋上テラス。ずいぶんしょうもなくて、しょうもなさがよかったし、しょうもなくて子供らと長くいる気持ちにもならなかった。夫が「マルフクのお化け」と教えてくれたものが、本当にお化けで面白かった。地下で焼き鳥を買って帰る。

保育園にあったので買った『ぞうくんのさんぽ』、息子がとても喜んでいてかわいかった。読み聞かせをちゃんとしていないせいか、絵本を読んでもページを気にせずばんばんめくってしまう。娘が1歳8ヶ月のころどうだったろうか。割と話を聞いてくれていたような気がする、かなり真面目に読み聞かせをしたからなぁ。まぁ、どっちも元気でよい。

2022-05-13 15/33

なんだか何をする気も起きない日。休みに飽きたのではない。

かかりつけの精神科に行き、そのあと、職場の懇親会に顔を出す。顔を出す程度にするつもりが、二次会にまで顔を出してしまった。メイドカフェに帰宅したくなったので、途中で抜けた。

めちゃくちゃ飲んだので、なんだか眠れず、酔いに苦しめられかけた。帰り道、名刺入れを拾ってしまったので交番に置き去りにしたのもこの日だ。置き去りに、とは言ったが、ちゃんと一報だけしておいた。

面白い小説だった。他の作品も読んでみる。ちょうど先日皇居の周りを電動自転車でぐるぐるしたおかげで、小説の土地勘に寄り添えて嬉しかった。実際、知らない土地の小説はよほどじゃないと浸りきれない、土地に。まぁそもそも作家によって、土地に読者を埋め込みたいと思っているかどうか違うと思うけど、私は土地まみれになりたいですね。小説を読むときには。